スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まりました(●^o^●)

2009/01/18 21:16
ぼっぼっぼっぼく熊吾郎。

父が、僕を正式に受け入れてくれたんだ。

これで、晴れて、僕は、三男坊としてこのおうちで暮らすことになったよ。

一か月のおためし期間を待たずに、僕を受け入れてくれて、

本当にありがとう。父。母。源三。朔太郎。

僕の生い立ちをすこし話すね。

僕は、おじいさんに飼われていたんだ・・・。でもね、そのおじいさんが、入院しちゃって。

いなくなってしまったんだよ。

そんな僕を、あいこのおうちという、動物の保護をしている人に保護してもらって、

二年間そこで暮らしていたんだ。

僕が、父と母に逢ったのは、今年のお正月に、僕たち7頭が暮らしているところへ

きてくれたことから始まった。

父と朔太郎が僕を気に入ってくれて、その日に僕はおためし生活をはじめたんだよ。

で、昨日、父が「あいこのおうち」さんに電話をして、

飼います。っといってくれたんだ。うれしかったよ。

これが僕の話さ。


さて、昨日は、いつものように、DOGカフェへ。

ランが大好きな僕は、大はしゃぎだよ。

090111_1352~01 (2)


そして、今日は、母が前から気になっていた、DOGcafeへ。

昼から雨が降るって言ってたから、RUNのないDOGcafeへ行くことにしたみたい。

cafe Begum というお店だよ。

     090118_1223~01

とっても、おしゃれな住宅街の中に、あって。

とっても可愛いお店だったよ。

でもさ・・・。僕・・・。閉所恐怖症なんだ・・・。

だって、家の廊下の細くなったところにも行けないんだもん(泣)

入口が透明なドアだったので、なんとか入ったよ。

でも、朔太郎がそばにいないと、不安なんだ・・・

     090118_1240~01

ほんと朔太郎は、僕の大切なお兄ちゃんなんだよね・・・

源三兄貴は・・・

     090118_1237~02

ほんとどこでも、まったりできる、いい兄貴だよな~~~。

お茶TIMEのはずが、

ちゃっかり、父と母は、ランチを食べてたよ。

僕たちも、ちゃんと、ミルクを頂いた。

     090118_1236~01


お店の中も、おしゃれで、洋服や雑貨も売っていて、

母は、落ち着きなく(笑)
兄貴たちは、のんびりしてたよ。
     090118_1241~01




僕は、これで三週、車に乗ってお出かけしたけど。

僕は車もとっても怖かったんだけど、

車にのっていくと、とっても楽しいところへ行けるんだ。ってちょっと思えるようになってきた。

もちろん、まだまだ、閉所恐怖は続いてるんだけど、

母も父も、いろいろ工夫してくれて、

僕が、安心できるように、してくれてるんだ。

そうそう。

僕、今日初めて、一人で散歩にいったんだ。いつもは朔太郎兄ちゃんと

一緒に行くんだけどね。

やっぱり、とっても不安だった・・・。母が一緒にいるのにね・・・。

明日は、一緒に行こうね。朔太郎兄ちゃん。


そういえば、今日日曜日の夕方は、いつも父と母は二人でおでかけするのに・・・。

あれ~~~~~????????

父おねむだ・・・。

休日は、いつもぼくたち三頭をどこかへ必ず連れて行ってくれる父だからね・・・。

疲れたかな・・・。

ゆっくり寝てね。

じゃ。僕も寝るよ。

こんな僕をこれからもよろしくね。

訃報・・・・
源三が、ときには吠えあい、お互いに番犬として町内を守り、そして、晩年は、
お互いがとっても穏やかにふれあうようになっていた、15歳(17歳と聞いていましたが、
15歳だったそうです)のワンコが、14日、虹の橋を渡りました。
前の日まで、散歩に行き、ごはんも食べていたのですが、朝・・・。

源三は、お見送りの時も、ずっとわんこを見続け。

それ以来、私からひと時も離れなくなりました・・・。

ちいちゃん。仲良くしてくれてありがとう・・・。

神様、どうぞ、虹の橋の向こうで幸せに暮らせますように守ってください・・・。

     080911_1632~01





ブログrankingに参加しています☟









スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。