スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の源三

2008/08/08 18:30

今日二回目の日記になります。

昼過ぎまで、ぐっすりと寝ていた源三ですが、

目をさましたので、私の手から、ドライフードを食べ、

少し水を飲んで、また寝てしまいました。

それから、一番暑い時間帯に、目を覚ましたので、

エアコンの部屋に入れましたが、落ち着かず、

部屋の中をうろうろうろうろ・・。

そして、どん!と座り込んでしまう・・・。

落ち着かない部屋なのかな・・・と思い、

自由にさせてやると、

家の中と、裏庭を、うろうろうろうろ・・・。

そして、どん!と座り込む・・・。

この繰り返しを、三時間ほど続け・・・。

急に、廊下で寝てしまいました。

でも30分ほどして、また起きてきて、うろうろうろうろ・・・。

夕方になったので、

うんちをさせようと、玄関にだしたところ、

座り込んで、動かない・・。

っとおもったら、突然起きようとして、(私の介助が必要)

ゆっくり、どちらかというと、ななめに歩いては、どん!と座り込み・・・。

疲れたかな・・・。と後ろ脚をちらっとみると、

床ずれのように、赤くなっているところを見つけました。

とりあえず、ガーゼと、マキロンで、テーピングをしておきました。

家にいれてやっても、動かないので、

エアコンの部屋へいれてやったら、

そのままの状態で、眠り込んでしまいました。

もう、自力で、起き上がることができません。

介助してやると、起き上がり、必死で歩こうとします。

でも、方向転換をしようとすると、そのまま座り込んでしまう・・・

って感じです。

歩かせないほうがいいのか、

それでも、歩きたい意思をくんでやるほうがいいのか・・・

悩む母です。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

mi-goroさんへ

ありがとうございます。

今日、
排便の事と
足の床擦れで
病院に行きました。

排便が出来ないのは
力む力がないからで
それは、
背中の骨がズレていて神経を圧迫し

それが
足の神経を刺激し
筋肉を弱らせていて
力む事ができないのだそうです。

胃腸の病気ではないようでした。

便も、詰まるほどなく、浣腸をする必要はないそうで

神経の薬を処方されました。

食欲はあるので
水もよく飲むし

三日間薬を飲ませて
三日後、経過を報告しに来て下さい。
との事でした。

泣くのは、力む力がないのに
便を出したいからだという事だそうです。

触診でも、ポリープはありませんでした。

エアコン、付けておく事にしました。

色々ありがとうございます泣

愛情…

私にはこどもが居ないのですが

一人っ子にかける愛情と

兄弟にかける愛情は
同じなんだと
思います。

先天性の病気を持って産まれた私にも

死産した弟

そして、アレルギーをもって産まれた弟がいますが

きっと
両親は
私にも
死産した弟にも
末っ子の弟にも
同じだけの
愛情をかけてくれたと思います。

時間は
割らなければならないけれど

愛情は
割ることはないように思いたいのです。

人間と動物

同じだとおもいたいのです。

うまく言えなくて
ごめんなさい。

こどもが授からず、動物を飼って、

その後に
こどもさんが授かっても

どちらにも
同じ愛情を
かけていると
おもいたいのです。

わがままかもしれません…

源三は、悲しむのかも知れないし

迎えいれるかもしれないし

でも
こればかりは
人間の計りで
計れない
愛情だと思いたいのです。

源三は

今の夫を受け入れてくれました。

犬嫌いの夫を
犬好きに変えてくれました

源三マジックです。

すいません…
なんか、色々書いてしまって泣

アドバイス感謝します泣

ありがとうございます泣

これからも
こんな私ですが

よろしくお願いいたします。





熱中症じゃないみたいですね。
排便時に遠吠えをしていたのは痛みがあったからでは。
すぐにドスンと座り込むのは、足腰が弱っているからだと思います。
おむつしていると暑いはずなので、エアコンのお部屋に入れてあげて、あとは源三君の好きなようにしてあげるしかないですよね。
璃子さん自体も大切な時期。無理しないでください。自分のお薬(あったら)飲むのを忘れないでくださいね。

今は源三君にきっちり向き合ってあげる時期かと思います。というか私ならそうするかな。
新しい犬はどうしても手も気もかかります。今、源三君に淋しい思いをさせるのは??です。璃子さんが源三君が喜ぶように2匹目を迎えたとしても、源三君にそれがわかるでしょうか?源三君が犬好きだとしても、一番好きなのは飼い主さんのはず。なるべくいっしょにいたいのでは。2匹目はもう少し待ったらいかがでしょうか。

源三君の回復を祈ってます。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。